心もお腹も満たされる・夢の島♪ ぽちゃ旅ニッポン@小豆島「全行程」編

心もお腹も満たされる・夢の島♪ ぽちゃ旅ニッポン@小豆島「全行程」編

1‐11

最近、じわじわ来てる離島ブーム。日本中で、観光客がもっとも多く訪れている離島、知っていますか? 宮古島? 屋久島? 実は南国ではないんです。
今回、もも・おさむ・うぃが旅したのは、
年間115万人がおとずれる観光客数No.1の離島、瀬戸内海に浮かぶ小豆島。
3年に一度開かれる「瀬戸内国際芸術祭」の会場のひとつでもあります。今回訪れた香川県小豆島はだいたいこのあたり!

魅力いっぱいの小豆島旅レポは、なんと全5編の大作に! 「全行程編」「二十四の瞳映画村編」「オリーブ公園編」「グルメ編」「インスタ編」でたっぷりご紹介します。早速、「五感で楽しむ」2泊3日の小豆島トリップ、はじまりはじまり♪

今回の2泊3日ぽちゃ旅ジャパン@小豆島編は下記の順で巡ってきました!

◆1日目◆
〇小豆島フェリーでGO!

朝7時、羽田空港に集合したラファモたち。
香川県の高松空港へ飛び、空港からリムジンバスで高松港へ。港から小豆島までは「小豆島フェリー」で船旅♪たくさんの島が浮かぶ瀬戸内海の風景を楽しむなら、フェリーのデッキへ! 海風に吹かれているうちに、だんだんと解放感にひたれそう。

〇土庄港到着~!
お昼前には小豆島の玄関口のひとつ、土庄港(とのしょうこう)に到着。フェリーを降りた瞬間、ごま油のいい匂い!! 観光地として楽しい小豆島は、ごま油や醤油、オリーブオイルなどを生み出してきた「産業の島」でもあるんです。今回の旅では、小豆島の「産業」もおいしく味わいますよ♪
土庄港を出る前に、ぜひ見ておきたいのが瀬戸内国際芸術祭のアート作品。
特に、土庄港に面して輝く「太陽の贈り物」(チェ・ジョンファ[崔正化])作)というアートは必見! 海と、乗ってきたフェリーをバックにパチリ。港の周辺には作品が点在しているので、アート好きの方は要チェックです。

〇小豆島ラーメンでランチ♪
実は、フェリー名物のうどんを我慢したラファモたち。ランチが待ちきれない~! と急いで向かったのが「小豆島ラーメンHISHIO」さん。小豆島のフォトスポットとして大人気の「エンジェルロード」のすぐそばにあるお店にお邪魔しました。海を見ながらいただく「醤そば」は絶品。小豆島産の醤油と小豆島の内湾でとれるカタクチイワシを使ったスープが最高です。

詳しくは…ぽちゃ旅@小豆島「まるごとグルメ編」へ!                  

〇オリーブ公園でジャンプ!
おなかもいっぱいになったところで、インスタ用の写真をたくさん撮りたい! と盛り上がるラファモたち。次の目的地はフォトジェニックスポットとして人気を集める「道の駅小豆島 オリーブ公園」。公園内に、映画『魔女の宅急便』のロケセットがあるという事前情報をキャッチして、3人キキコスでの撮影にチャレンジ! 無料レンタルの「魔法のほうき」で、飛んじゃいました♪


その他、オリーブにちなんだ体験が味わえるオリーブ公園の魅力は、ぽちゃ旅@小豆島「オリーブ公園 編」で!
今回は、2泊とも「ベイリゾートホテル小豆島」にお世話になりました。
「全行程編」の最後でご紹介します!

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2019年11月号]

11月号

発売日

2019年 09月 20日