【展覧会】原田治 展 「かわいい」の発見

2019.07.29

現在、世田谷文学館にて開催中の『原田治 展 「かわいい」の発見』。没後初の全国巡回展となる本展では、イラストレーターとしての活動する端緒となった、1970年代「an・an」の仕事をはじめ、広告・出版・各種グッズなどを展示します。時代を超えて愛される、原田治の全貌に迫ります。


初公開資料多数。幼少期までさかのぼる、網羅的な回顧展。



「an・an」第47号 1972年 平凡出版 アートディレクション:堀内誠一 表紙イラストレーション:原田治

たとえ原田治の名を知らずとも、そのかわいらしいキャラ クターたちには見覚えがあるはずです。ミスタードーナツの プレミアム(景品)を思い出す人も多いでしょう。 今回の展覧会では、お馴染みのスタイルが確立する以前の初期の仕事を、幼少期までさかのぼって展示します。 すでに画才を発揮していた小学校時代のスケッチブックや、 イラストレーターとしてデビューするきっかけになったニ ューヨーク滞在時の作品など、初公開資料も多数展示します。
是非この機会に足を運んでみてはいかがですか?



【展覧会概要】

展覧会名 原田治 展 「かわいい」の発見
     Osamu Harada: Finding “KAWAII”
  会期 開催中~2019年9月23日(月・祝)
  会場 世田谷文学館
     (〒157-0062 東京都世田谷区南烏山1-10-10)
     TEL 03-5374-9111 FAX 03-5374-9120
     https://www.setabun.or.jp

開館時間 10:00~18:00
     (展覧会入場、ミュージアムショップの営業は17:30まで)
休館日   毎週月曜日(ただし月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
交通案内 京王線:「芦花公園」駅南口より徒歩5分
     小田急線:「千歳船橋」駅より京王バス(千歳烏山駅行)利用
    「芦花恒春園」下車徒歩5分
観覧料  一般800(640)円、65歳以上・高校・大学生600(480)円、
     障害者手帳をお持ちの方400(320)円、中学生以下無料
     ※( )内は20名以上の団体料金
     ※9月16日(月・祝)は60歳以上無料
主 催   公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館
協力    コージー本舗、コスモマーチャンダイズィング
     トムズボックス、パレットクラブ
企画協力  渋谷出版企画
後援   世田谷区、世田谷区教育委員会


ライター:小森 ゆな (La vie pianissimo)

PICK UPピックアップ

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2020年1月号]

1月号

発売日

2019年 11月 20日