【ぽっちゃりモデル大募集】ももに聞いたぽっちゃりモデルのリアルVOICE

2021.11.24


創刊8周年を記念して今号から3号に渡り「ラファモオーディション2022」を開催します!
今回は今号でもピン表紙を飾ってくれたももにメッセージをもらいました。
応募するか迷っている人はぜひ参考にしてみてね!




もも
2014年9月号 初登場
1994年生まれ 162cm 77kg
B105 W84 H107

ももの詳しいプロフィール

Question
Q1
ラファモに応募したきっかけは? Q2 ラファモになってうれしかったことは? Q3 今までの仕事で印象に残っているものは? Q4 モデルとして普段から気を付けていることや努力していることはありますか? Q5 ほかのラファモにこれだけは負けない! というものはありますか? Q6 ラファモになる前はどんな女の子だった? Q7 デビューしてから今までで変わったことはありますか? Q8 あなたにとってla farfaとは? Q9 今後チャレンジしたいことや目標を教えてください。 Q10 応募者や、応募しようか悩んでいる人にメッセージをお願いします。

Answer

A1 TVでla farfaが特集されているのを見て初めて「ぽっちゃりモデル」の存在を知りました。ぽっちゃりでも、こんなに輝いている人っているんだ!? と心を打たれたのを覚えています。

A2
イベントなどで読者の方に会えた時です。普段は、SNSなどではつながっているけれど、実際に会えると、本当にうれしいです!! お手紙を書いてきてくれる方もいて、元気がない時によく見返しています。たくさんパワーをもらえるんです!

A3
単独表紙の時です。ずっと憧れだったので、うれしい気持ちと夢が叶った気持ちで胸がいっぱいいっぱいでした。ここだけの話プレッシャーでちょっと心が押し潰されそうになったけど……いざ店頭でla farfaが並べられてるのを見た時はうれし涙でいっぱいでした。

A4
ファッションを楽しむこと、自分の好きを着ることかな! この世界に入るまで全然ファッションに詳しくなかったんです……。でも、着れるものをただ着るだけより、好きなものを着る方が断然楽しいことを知りました! なので普段から自分が好きな服、楽しめる服を着るように意識してます!

A5
細かい作業が負けないとまではいきませんが、ただただ好きです(笑) それが念願だったハンドメイドアクセサリー製作にもつながっていると思います。あと実はかなりの力持ちで、握力も相当あります!! (笑)

A6
天真爛漫な子かな。やりたい! と思ったことは率先してやっていたかなぁ。でも体型に関しては敏感で、ぽっちゃりしていることが恥ずかしいと思っていました。

A7
ラファモになる前は「太っていること=いけないこと」と思って生活していたけど、la farfaを通して「どんな体型も素敵」ということを学びました。コンプレックスがチャームポイントにちょっとずつ変わって、少しずつ自信を持てるようになれました。

A8
まさに青春! うれしいことも、悲しいことも、悔しいことも……いろいろなことを教わりました。体型問わず「みんな違ってていい!」と思えるようになったのもla farfaのおかげ。とても感謝しています。

A9
目標はラファモのみんなで表紙をやりたい! 最近はコロナのこともあり誰とも撮影できていなかったので、みんなそろってまた笑顔で撮影できたらとってもうれしいな。

A10
応募するのに悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。ドキドキしますよね……私が応募した時はポージングの意味も知らずに入りました。でもラファモになってから学べることもたくさんあります! 「私なんて……」と考えている方がいたら、重く考えなくて全然大丈夫です! 私でよければたくさんサポートさせて下さい!

PICK UPピックアップ

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2022年1月号]

1月号

発売日

2021年 11月 20日