【人気コミックエッセイ】『私、黒の呪いにかかってました。』≪第3話≫ マンガ:ぴーちゃん 

前回のお話では、憧れの原宿ファッションで「自分らしさ」を手に入れるはずが、着れるサイズがなく再びファッションを楽しむことを諦めてしまったぴーちゃん…。

≪第1話を読んでない方はこちら!≫

≪第2話を読んでない方はこちら!≫

時はすぎて、春。ぴーちゃんは東京の美大に通うことになりました。

そんなぴーちゃんが出会ったのは、学内で自由に自分らしさをファッションで表現している学生たちでした。

周りを気にせず、好きなものを着ている姿を目の当たりにし、ぴーちゃんは衝撃を受けました。

そこには、どんな格好をしていても誰にも非難されず、変な目で見る人もいない空間があったのです。

そんな学生たちを前に、憧れや羨ましさを感じる反面、「自分なんかが…」と自分の体型で自分らしさをファッションで表現することにまだ一歩踏み出せないぴーちゃん。

「自分らしさって一体なんだろう」と考えた末に、かつてファッションへの希望を持ったきっかけでもある「雑誌」を再び探すことに…。

そこで運命的な出会いを果たすのでした。




≪最終話に続く! お楽しみに≫


≪ぴーちゃんプロフィール≫
1997年生まれ。元美大生。普段はイラストレーターとして活動。現在、WEBメディア「パレットーク」で働くインターン。 同メディアの記事「うちのインターン生はADHDです。」が話題を呼び、ADHDとうつを抱えてサバイブしてきた日々を描く、実録コミックエッセイ「ぴーちゃんは人間じゃない」(イースト・プレス刊)が発売中。


PICK UPピックアップ

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2021年11月号]

11月号

発売日

2021年 09月 18日