【創刊7周年企画 ラ・ファーファ的 体型診断&ぽっちゃりタレント】Looking back 7years of lafarfa vol.2

2021.05.01

日本初のプラスサイズ専門ファッション誌として誕生したラファーファが、今号で創刊7周年を迎えます。
そこで今回はラファーファオリジナルのシルエット別の着こなし術と今までにモデルとして登場してくれた数々の人気タレントを紹介★


ラ・ファーファでは、シルエット別の着こなし術を提案しています

同タイプのラファモは…
安藤うぃ、島袋かほ、そわんわん

【1】首が短い
【2】肩に幅や厚みがある
【3】デコルテにハリがある
【4】バストが大きい

□目立つ色柄は、ボトムスまたは小物で取り入れる
□ネックラインに『抜け』をつくる
□ウエストをマークする

重心が高い位置にあるため、着膨れしやすいタイプ。視線を下半身に誘導したりXシルエットを意識したりすることでバランスアップが叶う。


同タイプのラファモは…
アイシャ、もも、あいまる

【1】首&デコルテはスッキリ
【2】バストから太ももにかけてボリュームがある
【3】腕先や脚先は細め

□首・手首・足首のいずれかを出す
□高い位置でウエストをマークする
□フレアスリーブやフレアスカートなど裾が広がった服を選ぶ

「胴体に対して腕や脚が細い」という特徴を活かした着こなしがオススメ。錯視や補完などの効果を使ってスッキリとした印象に仕上げよう。



同タイプのラファモは…
Nao、さっちゃん、ごりちゃん

【1】全身が均等にぽっちゃり
【2】胴体にやや厚みがある
【3】3サイズの差が少なくくびれがない

□ウエストをマークする
□縦ラインを強調する
□トップスとボトムスのボリューム感に差をつける

腰周りがゆったりしたデザインのボトムスを選び、装飾用ベルト、配色、ボリューム感などで視覚的にメリハリをつける。ワンピなら切り替えデザインが◎!



同タイプのラファモは…
おさむ、えんどぅー、小川みこ

【1】ウエストとヒップのサイズの差が大きい
【2】ヒップが突出している
【3】太ももにハリがある

□トップスはジャストサイズを選ぶ
□ざっくりとしたロングアウターは避ける
□時には、ゴージャスでカーヴィーなシルエットを活かす

メリハリを強調したくないなら、トップスをタイトにしすぎるのはNG! ただし、ロングコートやサックワンピを合わせると全体的に大きく見えて逆効果……。


同タイプのラファモは…
大橋ミチ子、チャグ、UraN

【1】全身にバランスよくお肉がついている
【2】首が目立たない
【3】シルエットが丸い

□メリハリをつける
□抜けをつくる
□縦ラインを強調する
□顔を隠しすぎない

隠せば隠すほど大きく見えてしまうタイプ。色の効果を利用すると、隠さなくてもスッキリとした印象に仕上がる。全身を引きで見ることを忘れずに。

PICK UPピックアップ

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2021年5月号]

5月号

発売日

2021年 03月 19日