【恋愛心理テスト】あなたの恋愛上手度がわかる! 恋愛偏差値診断

2020.11.08






夢というのは、その人の深層心理や価値観が強く表れるものです。
「彼との待ち合わせ」という、現実にも起こりうる恋愛のワンシーンの夢について、どのようなイメージを持つのか。
そこには、あなたが恋人や恋愛に対して、どのような考えや価値観を持っているのかが色濃く表れます。
さっそく、選んだ内容から、あなたの考えや価値観を読み解き、恋愛偏差値を診断していきましょう。


1. 家

ある程度関係が深まってからの待ち合わせ場所になりがちな「家」を選んだあなたの恋愛偏差値は、50と人並みレベルです。
あなたは人並みに恋愛経験を持っており、特別恋愛下手でもなければ、特別恋愛上手でもないタイプといえるでしょう。
自分でも「普通に恋愛経験はあるけれど、すごい恋愛テクニックを持っているわけでもない」と自覚しているのではないでしょうか。
ただ、「一般的な恋愛偏差値」であることに、時折コンプレックスを感じることがあるようですね。
特に恋愛上手ではないからこそ、いつ彼に嫌われたり冷められたりしてもおかしくない……、なんて自信を失ってしまうことはありませんか?
そんな自信のなさから、彼に言いたいことが言えず、不安や不満を溜め込んでしまうケースがありそうです。
あなたは魅力のある人ですので、きちんと自分に自信を持ち、彼に本音でぶつかれるようになってくださいね。

2. 駅前

相手との関係性に関わらず待ち合わせ場所にしやすい「駅前」を選んだあなたの恋愛偏差値は、65とかなり高めです。
あなたは恋愛において、どのようにすれば相手に自分の魅力が伝わるかをよく考えているタイプの人。
相手に魅力を感じてもらうために、自分磨きも惜しまない努力家でもあります。
努力の甲斐もあり、男性からアプローチを受ける機会は非常に多いでしょう。
人並み以上に恋愛経験を積んでいるため、好きな男性をオトしたり、興味のない相手をあしらったりするのも得意なはず。
ただ、多くの男性を見てきたモテ女子であるからこそ、理想が高くなりすぎてしまう一面もあるようです。
男性のちょっとした欠点を見つけるだけで「この人はナシ!」と、心をシャットアウトしてしまうケースが少なくないのでは?
本当に自分にとって相性のいい男性と関係を深めるためには、短所だけでなく、長所に目を向けることが大切です。
「誰にでも短所はあるもの」と考えて、相手のいいところに目を向けるようにすれば、あなたにとって最高の男性を見つけられるはずですよ。

3. カフェ

混雑時などタイミングによっては待ち合わせがしづらい場所ではあるものの、待ち時間を持て余すこともなく、非常に快適な「カフェ」。
そんなカフェを選んだあなたの恋愛偏差値は、45とちょっぴり低めかも。
あなたは恋愛に積極的になれない奥手タイプで、好きな人ができても、自分からアプローチできないことが多いのではないでしょうか。
いざお付き合いがスタートしても、なかなか自分の素を出せず、どこか距離の縮まらないお付き合いになってしまうこともあるかもしれませんね。
そんな経験から恋愛に苦手意識を持っているために、周りと自分の恋愛を比べて、落ち込んでしまうケースがありそうです。
「周りは普通に恋愛できているのに、どうして自分はうまくいかないのだろう」と自分を責めてしまった経験はありませんか?
恋愛の形は人それぞれですので、周りと比べて焦ってしまうのはよくありません。
焦らず、あなたのペースで少しずつ積極性を身につけることで、本当のあなたにぴったりな恋愛ができるようになってくださいね。

4. 公園

年を重ねるにつれて、待ち合わせ場所としてあまり選ばなくなる「公園」は、たまに待ち合わせ場所に活用すると新鮮な気持ちになれる場所です。
そんな公園を選んだあなたの恋愛偏差値は、58と一般より少し高め。
あなたは恋愛を「人生を彩る大切な要素」と考えていて、積極的に恋愛を楽しむタイプなのではないでしょうか。
いつでも心から恋愛を楽しんでいるため、今までを振り返ってみても「恋愛をしていない期間」はかなり少ないはず。
ただ、恋愛を積極的に楽しむあまり、ちょっぴり恋愛依存症気味なところがあるようです。
恋愛をしていないと毎日がつまらなく感じたり、新しい恋愛を始めるとほかのことがどうでもよくなったりするケースが少なくなさそうです。
確かに恋愛は人生を豊かにしてくれるものではありますが、人生は恋愛だけがすべてではありません。
恋愛と同じくらい、仕事や趣味、友人関係を大切にして、本当に豊かな人生を目指していってくださいね。


あなたの恋愛偏差値はいくつでしたか?
恋愛偏差値が高かった人も低かった人も、自分がよりよい恋愛ができるよう向き合っていくことが大切です。
今回の診断結果をヒントに、もっと素敵な恋愛ができるようになってくださいね。


【執筆者プロフィール】

ぐりこ
フリーライター。趣味の占いが高じて、ライターの傍ら占い師としても活動するように。女子たちのお悩みに寄り添う、占い・恋愛・結婚に関する記事を執筆中。

PICK UPピックアップ

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2021年11月号]

11月号

発売日

2021年 09月 18日