「ラファーファ読者へ聞いた、身長に関する本音とは?」ありのままで似合う服。vol.2

2020.10.22

You are beautiful just the way you are
ひとくちにプラスサイズと言っても、悩みもボディーラインも人それぞれ。服のサイズは合っているのに「入らない」、「似合わない」と落胆することも少なくないかもしれません。特に、低身長さんや高身長さんは丈も考慮しなければならないため、服選びでの苦労や失敗が多いそう。
そこで今回は、低身長&高身長だからこそ似合うファッションを徹底研究!低身長さんや高身長さんだけでなく、すべての人が参考にできるポイントが満載です。自分を愛し、おしゃれを楽しんでもらえるよう、ラ・ファーファは“ありのままで似合う服”を提案します。


読者に聞いた、身長に関する音。
VOICE2
読者アンケートで判明! 低身長&高身長あるある
15〜56歳のぽっちゃり女性189名から届いた身長に関する悩みを集計。今回は、その中から特に多かった意見を紹介します!

FROM低身長さん】
袖やボトムスの丈が長い


大抵の服はサイズが大きくなると幅だけでなく丈も長くなるため、「丈を詰めるとスキニーがただのストレートパンツになる」、「スカートはウエスト部分を折るか胸下ではいているのでトップスをインできない」、「お直し料金を払って布を捨てるなんて損」など、切実な悩みを持つ人がたくさんいました。

コドモっぽく見られる

実年齢よりも若く見られることは必ずしもいいことばかりではないようで、「クール系やきれいめ系のファッションが似合わないので、どうしてもかわいい系ばかりになってしまう」、「ビッグシルエットの服を着ると子どもが大人の服を着ているようで恥ずかしい」といった悩みがあるそう。


胸元が見えすぎてしまう


大きいサイズになると襟ぐりも大きくなるため、Vネックやオープンカラー(開襟)など首回りが大きく開いたデザインの服を着る時は「胸チラやブラチラが気になる」、「首回りがだるだるになってだらしなく見える」という悩みが。特に、ゆったりシルエットが好きな人は気が抜けないようです。

パンツの股上が深すぎる

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2021年1月号]

1月号

発売日

2020年 11月 19日