注目!今がブームの【女子キャンプを楽しもう♪】lesson4 キャンプファッションアイテムをdailyにも着回し

2020.03.08

注目!今がブームの【女子キャンプを楽しもう♪】lesson4 キャンプファッションアイテムをdailyにも着回し

「機能性はもちろん、デザイン性の高いアウトドアアイテムも多いので、タウンユースとして活用するのもおすすめ」(木下さん) そこで着回し力抜群の万能アイテムをピックアップし、キャンプスタイルとともに、デイリー使いの着こなしもご紹介。

MUST ITEM 03:ハイネックセーター
1
薄手ながら保温性に優れ、インナーに最適。高めの襟が首元をあたたかく包み、優しい肌触りもうれしい。(メンズ) SXL ¥3,800/モンベル(モンベル・カスタマー・サービス)

Camp
重ね着いらずの薄手セーターですっきりとした着こなしを演出

2
薄手ながらもあたたかさ抜群のハイネックセーターは、機能性の高いアウターを羽織るだけのシンプルな着こなしもできるので、着膨れの心配もなし!

ホリゾンズパインインターチェンジジャケット(メンズ)SXL 27,000/コロンビア(コロンビアスポーツウェアジャパン) ナロースカート LL3L WEB限定) ¥4,190/スタディオクリップ(アダストリア)ロシアンキャップ ¥5,800、エルモフリースファニーパック ¥5,200/共にチャムス(チャムス表参道店)イヤリング ¥700OSEWAYA(お世話や) リブタイツ ¥1,300/おなかゆったり気分(福助) ショートブーツ“ソレルエクスプローラーカーニバル”22.5~26cm 14,000/ソレル(コロンビアスポーツウェアジャパン)

Daily
スポーティーなテイストをMIXしたカジュアルな着こなしが今の気分
3

シンプルなハイネックセーターは、どんな着こなしにもマッチする優秀選手。ナイロンブルゾンを羽織れば、旬度抜群のスポーツMIXスタイルが即完成。スポーティーになりすぎないよう、ボトムスはチェック柄スカートをセレクトし、女性らしさのあるカジュアルスタイルに仕上げたところがポイント。

ナイロンブルゾン 3、4 ¥7,999、トートバッグ ¥1,990、ソックス ¥999/すべてPUNYUS 共布ベルト付きスカート 3L、4L ¥3,000/クレット イヤリング ¥1,400、ミサンガ 各¥300/すべてOSE WAYA(お世話や) スニーカー 22~25cm ¥7,000/コンバース

MUST ITEM 04:フレアスカート
5
撥水性と速乾性に優れ、雨や汚れを弾いてくれます。程よくボリューム感がありシンプルなので着こなしの幅も広がる! ワンサイズ¥9,900/コロンビア(コロンビアスポーツウェアジャパン)

Camp
ダウンベスト×フレアスカートの絶妙なボリューム感が◎
6
スカートが主役のキャンプスタイル。ボリューム感が出すぎないよう、シックな色味で全体をまとめつつ、ダウンベストは濃いめの締めカラーをセレクトするのがおすすめ。

ダウンベスト XXSXXL 27,000/シエラデザインズ(アリガインターナショナル) ボイジャーワンシャツ(メンズ) SXL 10,500/マウンテンハードウェア(コロンビアスポーツウェアジャパン) シャツの中に着たリブハイネックニット 14 2,999PUNYUS ヘアバンド ¥800、イヤリング¥1,700/共にOSEWAYA(お世話や) ヴィンテージ・デイパック ¥13,000/ケルティ(アリガインターナショナル) ブーツ SXL 5,900NUOVO手に持ったLOGOS Life ホーローマグ ¥1,300LOGOS(ロゴス)

Daily
カジュアルなスカートもレディーな小物で大人上品な装いに格上げ
7
ハリ感のあるタフタ生地を使用したスカートに、ケーブルニットを合わせたシンプルカジュアルなコーディネートは、小物使いがポイント。アクセントになる色味&女性らしい小振りなサイズ感が特徴のバッグや、デザインを効かせたパンプスを合わせることで、大人レディーな着こなしにシフト!

ケーブルニットプルオーバー 3L4L 3,400/クレット イヤリング ¥1,500OSEWAYA(お世話や) ストール ¥1,990/スタディオクリップ(アダストリア) がま口ショルダーバッグ ¥3,990/セシール パンプス 5H8 7,500/ジョリーアンコール(シャルロット)

前回までのlessonはこちらをチェック♡
lesson1[女子キャンプスタート!]
lesson2[フェミニン派&ボーイッシュ派のキャンプファッション]
lesson3[キャンプファッションマストアイテムをdailyに着回しその1]

Model/Osamuheight158cm weight74kg B97 W83 H105]、Miko Ogawaheight167cm weight74kg B97 W84 H102PhotographsKen OgawaWILL CREATIVE) StylingEmi Kinoshita Hair&Make-upKaori Matsunaga Edit&TextMina Ota※服のクレジットは、アイテム名 サイズ展開 ¥~(税抜)の順で表記しています

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2020年11月号]

11月号

発売日

2020年 9月 19日