1位は【鳥貴族】。gooランキングが「コスパ最強だと思う居酒屋チェーンランキング」を発表!

2020.02.11

世の中のあらゆる「こと・もの」をランキング化する国内最大級のランキング情報サイト「gooランキング(グーランキング)」。今回は、国内の居酒屋チェーンをテーマに、「コスパ(コストパフォーマンス)が最も高い居酒屋チェーンはどこなのか?」を調査&ランキング化。果たしてその結果は???
(調査期間:2019年12月27日~2020年1月10日)

【1位は「鳥貴族」】
コスパ最強の座を獲得したのは、1985年に大阪で第一号店を開業し、その翌年から均一価格システムを導入して瞬く間に大規模な人気チェーンへと成長した「鳥貴族」。その名の通り焼き鳥をメインとする居酒屋チェーンで、食事もドリンク類も全て税抜298円均一というリーズナブルな価格設定が特徴です。
創業当初は税抜250円、その後は税抜280円という均一価格で長年にわたってメニューを提供してき同チェーン。2017年に値上げをした際は業績にも影響が出たそうですが、利用客にとってまだまだコストパフォーマンスが高いチェーンであることに変わりがないようですね。

【2位は「つぼ八」】
2位に続いた「つぼ八」は、1973年に北海道・札幌で創業した老舗の居酒屋チェーン。地の利を生かした海の幸・山の幸をふんだんに使用しつつ安価に提供するスタイルが人気を集め、現在では創業の地・北海道から南は沖縄まで展開する全国規模のチェーンとなっています。
ちなみに、「つぼ八」という名称は、創業店がわずか8坪という狭い店舗面積であったことに由来するのだとか。創業店はすでに存在せず社内に写真も残っていないそうですが、どんな雰囲気のお店だったのか、気になる人もいるのでは?

【3位は「魚民」】
3位の「魚民」は、「白木屋」や「山内農場」でおなじみの外食チェーン大手・モンテローザが経営する居酒屋チェーン。「鳥貴族」や「つぼ八」に比べれば後発のチェーンとなりますが、モンテローザグループ内では「白木屋」に次ぐ歴史を持ち、北海道から沖縄まで約600店舗(2019年10月現在)を展開する国内有数の巨大チェーンとなっています。
2019年10月から11月にかけて行われたグランドメニューの改定で、売りである刺身料理がパワーアップ。ご当地メニューの充実や海外客向けサービスなども行われており、まだまだ人気は続きそう。

「コスパ最強こそ神!」という人も多いはず。みなさんのお気に入りの居酒屋はランクインしていましたか? 


【集計方法】
gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。

※記載されているサービス名および商品名などは、各社の登録商標または商標です。

PICK UPピックアップ

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2020年3月号]

3月号

発売日

2020年 1月 20日