【アート】話しているのは誰? 現代美術に潜む文学

2019.09.25

現在、国立新美術館では国内外で活躍する日本の現代美術家6名によるグループ展『話しているのは誰? 現代美術に潜む文学』が開催されています。

本展に参加する6名の作家は1950年代から1980年代生まれまでと幅広く、表現方法も映像や写真を用いたインスタレーションをはじめとして多岐にわたります。これら作家に共通するのは、作品のうちに文学の要素が色濃く反映されていることです。

古代ローマの詩人ホラティウスが『詩論』で記した「詩は絵のごとく」という一節は、詩と絵画という芸術ジャンルに密接な関係を認める拠り所として頻繁に援用されてきました。以来、詩や文学のような言語芸術と、絵画や彫刻のような視覚芸術との類縁関係を巡る議論は、さまざまな時代と場所で繰り広げられてきました。

展覧会タイトルが示唆するように、本展では文学をテーマに掲げています。ですが、ここでの文学は、一般に芸術ジャンル上で分類される文学、つまり書物の形態をとる文学作品だけを示すわけではありません。現代美術において、文学はこうした芸術ジャンルに基づく区別とは違ったかたちで表れているように思われます。

日本の現代美術における文学のさまざまな表現を経験してみてはいかがでしょうか。


【情報】

話しているのは誰? 現代美術に潜む文学

会期:2019年8月28日(水)~11月11日(月)
会場:国立新美術館
   (東京都港区六本木7-22-2)
時間:10:00~18:00
   (金・土は、8・9月は21時まで、10・11月は20時まで開館。入場は閉館の30分前まで)
休館:火曜日(10/22は開館)、10/23
HP:https://www.nact.jp/exhibition_special/2019/gendai2019/


メインビジュアルクレジット:小林エリカ 《わたしのトーチ》 2019 年 C プリント 54.9×36.7cm(各、47 点組) 作家蔵 ©Erika Kobayashi Courtesy of Yutaka Kikutake Gallery 撮影:野川かさ

ライター:新麻記子

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2019年11月号]

11月号

発売日

2019年 09月 20日