西木野、ラファモを卒業します!

西木野、ラファモを卒業します!

2013年9月から約6年間、モデルとしてラ・ファーファを支えてくれた西木野が今号をもって卒業することになりました。なぜモデルを辞めてしまうのか、卒業を決めた経緯について少しだけ教えてもらいます。

西木野ラストインタビュー
「中途半端な気持ちでラファモを続けるべきじゃないと思ったんです」
この6年でラファモは読者モデルから専属モデルという位置付けに変化して、活躍の場も驚くほど広がりました。みんな、ポージングを研究したり体型をキープしたりSNSをマメに更新したり、プロのプラスサイズモデルとしてすごく努力しているじゃないですか。でも私は、普段会社員としてフルタイムで働いているから撮影もレッスンも都合がつく時だけ参加させてもらって、あらゆる面でモデル業を優先できなかった。ここ数年はみんなの活躍を目にするたび、こんな中途半端な気持ちの私が「ラファモ」を名乗っていいものかと考えることが増えてきて……。今回卒業を決めたのは、私なりの決意というか「けじめ」なんです

最後の撮影をしているところに、Nao、おさむ、あいまるがサプライズ登場。感極まる西木野につられて一同涙する場面も。西木野のラストカットは4人の集合写真となりました。
1-2
Q.la farfaについて思うことは?
A.プラスサイズに関する情報を発信するメディアとして必要不可欠なもの。ラ・ファーファがなかったら今の日本のプラスサイズを取り巻く環境はすごく違っていたと思います。

Q.思い出に残っている撮影は?
A.キャンプ企画はみんなと一緒にいろんなことを経験できてすごく楽しかったです。宙に浮いている写真を撮るために何度もジャンプした企画は翌日の筋肉痛がツラかった(笑)。あと、表紙を飾った号は末代まで大切に保管します!(笑)

Q.SNSは続ける?
A.はい。今後も西木野として存在し続ける予定です。今までより自分の素に近い感じの使い方になるんじゃないかな。

Q.今後のla farfaに期待することは?
A.その1:とにかくなくならないで欲しい。その2:私と同年代の人が楽しめる企画もやって欲しい。その3:モデルは卒業するけど、私も読者としてラ・ファーファに関わることができたらうれしい(笑)。

Q.今後の夢は?
A.野球が好きなので叶うなら始球式をやってみたい。でも今は、一人前の社会人になることが一番の目標です。

Q.最後、読者にメッセージを!
A.皆さんの存在が私の活力でした。支えてくれてありがとう!
1-2

Photographs / Takeshi Sasaki( models) Hair&Make-up/ Madoka Toyoda [ADDICT_CASE] Styling / Emi Kinoshita Edit&Text / Uiko Kurihara



最後におまけとして……

約6年間、いろいろな撮影やイベントに体当たりで臨んでくれた西木野の素顔が垣間見える秘蔵オフショットを公開! 5年前から最近のものまで新旧入り混じった西木野オフショットをプレイバック!
 

RELATED関連記事

SPECIALスペシャル



RANKING人気記事

MAGAZINE最新号のご紹介

ラ・ファーファ最新号[2019年9月号]

9月号

発売日

2019年 07月 20日