2016年9月30日 ごはん, 記事

ミニストップのおにぎり“おこわ” 3種、秋だ~!

9月20日より全国のミニストップで発売

ミニストップ株式会社は、食欲の秋にむけて、おにぎりタイプの“おこわ”3種類をリニューアル。9月20日(火)より全国のミニストップで発売します。現在ミニストップは、国内2230店舗を展開中。

朝夕に肌寒さを覚えはじめる今日この頃、ムラムラとわいてくる食欲に秋の気配を感じている人、いませんか? もち米の“おこわ”、まさに秋の味覚です。

“おこわ”は、子どもからお年寄りまで、年齢を問わず女性の大好物。海苔のついた市販のおにぎりは、毎日食べていると飽きてしまうこともありますが、“おこわ”は、毎日でも飽きずに美味しく食べてしまえるのは、なぜでしょう? それほど日本女性は、もち米が大好きということでしょうか。

 

旬の食材を盛り込んだ“おこわ”

ミニストップでは、専用の蒸し設備を用いて、“おこわ”本来の「せいろ蒸し」による方法で、ふっくらもちもちの“おこわ”を作っています。ここがミニストップのひと味違うところ、美味しいはずですね!

今回のリニューアルでは、「赤飯」のほか、旬の食材を混ぜ込んだ「山菜おこわ」と「鶏ごぼうおこわ」を開発。今後もさまざまに旬の食材を盛り込んで、定期的に販売していくとのこと。楽しみですね。

 

“おこわ”の中味は?

まず、定番の「赤飯」。鰹粉を入れて蒸してあるところがミソ。ほどよく旨みが引き出され、自然でやさしい味わいに仕上がっています。価格は130円(税込)。

「山菜おこわ」の中味は、わらび、セリ、竹の子など。もち米といっしょに蒸し上げるので、山菜の旨みが全体に行きわたり、かつおだしと醤油の風味がさらに味を引き立てている人気商品。価格は130円(税込)。

「鶏ごぼうおこわ」は、女性ばかりでなく男性も大好きな品目の“おこわ”。鶏肉とささがきごぼうを甘からいだし醤油で味付けし、もち米と蒸し上げた旬の香り高い商品。価格は140円(税込)。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ミニストップ株式会社 プレスリリース(@Press News)
https://www.atpress.ne.jp/news/112092

旬の味覚! ミニストップの“おこわ”
http://www.ministop.co.jp/corporate/release/

コメント

コメントを投稿する