2017年5月2日 エンタメ, 記事

菅田将暉主演・帝一の國がランクイン!映画レビュー速報「映画館の中で声を出して笑う」

話題の帝国の國(菅田将暉主演)がランクイン!

Filmarks
Filmarks

この度、 Filmarksでは2017年4月最終週に上映が開始された映画を対象に、 2017年5月1日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。 ★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出しました。

【映画初日満足度ランキング(4月最終週上映スタート作品)】
順位 作品タイトル ★スコア Mark!数
1位 『ワイルド・スピード ICE BREAK』 (東宝東和) ★4.25 1,846
2位 『帝一の國』 (東宝) ★4.08 732
3位 『フリー・ファイヤー』 (REGENTS) ★3.58 228
4位 『僕とカミンスキーの旅』 (ロングライド) ★3.45 36
5位 『無限の住人』 (ワーナー・ブラザース映画) ★3.26 376

 

早くもレビューが公開!

1位:『ワイルド・スピード ICE BREAK』の評価・レビュー

(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures

「安定の面白さとド派手なカーアクションに大興奮でした!」(20代・女性)、 「アクションが素晴らしく、 8作も続いているのにマンネリを感じさせない」(20代・男性)、 「前作までのストーリーを踏襲しつつ、 新たな展開への持っていきかたがすごい」(20代・女性)、 「最後はエンドロール終わるまで涙が止まらなかった。 感涙必至」(20代・女性)、 「映画館の大スクリーン、 大音響で楽しむべき、 エンタメ作品です」(40代・男性)

 

2位:『帝一の國』の評価・レビュー

(C)2017フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社
(C)2017フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社

「映画館の中でみんな声を出して笑ってしまうほど」(10代・女性)、 「こんなに笑いの絶えない劇場体験はもしかしたら初めてかも」(20代・男性)、 「最高だった!個性的すぎるキャラクターを演じたキャストの才能と原作愛に溢れた素晴らしい作品」(20代・女性)、 「爆笑に次ぐ爆笑の展開からハラハラする選挙戦の策の張り合いまでとことんイケメン尽くしで華がある」(20代・男性)

 

3位:『フリー・ファイヤー』の評価・レビュー

(C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/PhotoKerryBrown
(C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/PhotoKerryBrown

「90分間ぶっ通しで繰り広げられる銃撃戦!銃撃戦のカッコよさとユーモアの入り混じった最高の作品」(20代・男性)、 「タランティーノ作品を彷彿させるようなバイオレンス&ユーモア」(30代・男性)、 「一発の銃弾で死ぬことを真っ向から否定する痛快さ」(30代・女性)、 「アイデアもあり、 観客を楽しませるツボを心得ている監督だと感じた」(40代・男性)

※ ★スコアが同率の場合は、 Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年5月1日時点のものです。

 

Filmarks(フィルマークス)とは?

フィルムワークス
フィルムワークス

映画レビュー数3,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。 映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、 多くの映画ファンにご利用いただいています。 Filmarksでは今後も、 ユーザーが投稿するレビューや★スコア、 Clip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを「感情データ」として活用し、 映画データマーケティングを推進して参ります。

【サービス概要】
サービス名:Filmarks(フィルマークス)
価格:無料
WEB: https://filmarks.com

(C)Universal Pictures
(C)2017フジテレビジョン 集英社 東宝 (C)古屋兎丸/集英社
(C)Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/Photo:KerryBrown

 

コメント

  1. 映画のタイトルまちがえてますよ

    2017/05/02

    匿名

    • ご指摘ありがとうございます。修正しました!

      2017/05/13

      WEB管理者

コメントを投稿する