2017年4月9日 美容健康, 記事

桜色のUVカット下地がコスメブランド「舞妓はん」から登場!

舞妓さんのような美しいヤマトナデシコに

ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社は、同社が展開するコスメブランド「舞妓はん」より、「美容液UV下地」を2017年4月11日(火)より限定販売します。
maiko_01
「舞妓はん」は、日本の伝統化粧の技と心を活かし、“使った女性が舞妓さんのようなたおやかな美しさを手に入れられるように”という思いから作られたコスメブランド。

崩れにくく、うるおい続くUV下地

今回発売する「舞妓はん 美容液UV下地」は、汗や皮脂に強く、お化粧が崩れにくい「撥水(はっすい)&撥油(はつゆ)処方」を採用。椿油や大豆イソフラボンなどの美容成分を配合しているため、日中もうるおいが続きます。
maiko_02

最高レベルのUVカット機能

もちろん、SPF50+・PA++++と、UVカット機能も最高レベル。また、下地は天然ビタミンでほんのりピンクに色づけ。桜を彷彿とさせる優しく上品な色味となっています。
maiko_03

【商品名】
舞妓はん 美容液UV下地  40g 1,300円(税抜)

(引用:プレスリリースより)

「舞妓はん 美容液UV下地」は全国のバラエティショップなどで販売予定です。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ノエビアグループ プレスリリース/@Press
https://www.atpress.ne.jp/news/122392

コメント

コメントを投稿する