2017年3月28日 ファッション, 美容健康, 記事

爪に優しい水性ネイル『胡粉ネイル』が新色発売

日本の伝統的な色彩を爪に

和テイスト狐のイラストが可愛い、ネイルブランドの『胡粉ネイル』をご存じですか?

『胡粉ネイル』は、1751年創業の顔料店が作る伝統的な日本の美しい色彩を使ったネイルブランドです。
nail_01
この『胡粉ネイル』から、春夏限定カラー3色が3月17日に発売されました。

女性らしい3色が限定発売

今回発売されるのは、トレンドのピンクを主体とした“さり気ない色っぽさ”が美しい「黎明色(れいめいいろ)・薄花桜(うすはなざくら)・鴇浅葱(ときあさぎ)」の3色です。

「黎明色(れいめいいろ)」は夜明けの様な幻想的な光を思わせる紫ベースのピンク色。爪に付ければ、肌となじんで手をより美しく見せてくれます。
nail_02
「薄花桜(うすはなざくら)」は愛らしい春色が暖かなピンク色。上品な中にも若々しい活力を感じさせる1色です。

「鴇浅葱(ときあさぎ)」はベージュベースのピンク色。ともすれば、血色が悪く見えがちなベージュですが、付けると肌の透明感が上がったような美しい印象に。
nail_03
何とも優美な響きの3色は、塗れば魔法が掛かったような上品な手に仕上げてくれます。

爪に優しい

『胡粉ネイル』は、ホタテ貝殻の微粉末(胡粉)を原料の一部として使い、有機溶剤を使わないで作られているのでマニキュア特有のにおいがしません。水溶性ネイルなので除光液を使わずに消毒用アルコールで落とせるのもうれしいですね。

日本伝統の色彩で、今年の春は新しいピンクを纏ってみませんか?

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

上羽絵惣株式会社 プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/

『胡粉ネイル』公式サイト
https://www.gofun-nail.com/

コメント

コメントを投稿する